愛媛大学大学院 連合農学研究科

English

入学案内

アドミッションポリシー

<求める入学者像>
農学は、生物学、化学、物理学、工学、経済学、バイオテクノロジーなど、幅広い学問領域を結集・総合化し、学際的な観点を包含しながら、自然と人間社会が調和した持続可能な関係を築いていく必要があります。従って、既存の学問の枠組みにとらわれることなく幅広い知識と柔軟な発想力によって、生物機能への理解を深め、生物生産力の向上と生産物の効率的利用を図るとともに、地域的な視点からのみならず、地球規模での環境の保全を見据えた将来の農業のあり方を探求する人材を求めています。
愛媛大学大学院連合農学研究科(後期3年のみの博士課程)は、このような考えに基づき、「生物資源生産学」、「生物資源利用学」、「生物環境保全学」の3専攻を設け、国内の大学院修士課程からの進学を受け入れるだけでなく、2つの「留学生特別コース」を設け、当該諸国・地域における特有の研究テーマを追究する優秀な留学生も受け入れます。
農学は、人類の豊かな生活を維持・向上させるとともにそれを可能にする環境・生態系の保全・改善に欠くことが出来ない将来性豊かな学問領域です。さまざまな観点から農学にチャレンジし、これからの社会をリードしていこうという意欲のある人の応募を期待しています。
熱帯・亜熱帯農学留学生特別コースは、熱帯・亜熱帯における生物資源の生産と利用、及びそれを支える環境に関する諸科学の研究教育を目的としています。主としてこれらの地域を中心に世界各国において研究あるいは教育に従事している優秀な中堅科学者を対象として受け入れ、それぞれの国の将来を担う高度な研究者及び技術者を養成します。
アジア・アフリカ・環太平洋(AAP)農学留学生特別コースは、修士課程からの一貫教育により、諸外国の大学卒業者又は卒業予定者を対象として受け入れ、より高度な研究者や技術者となりうる人材を育成します。

(知識・発見・理解)
1.農学と環境及び関連諸科学での一般的な専門知識を持って、当該専門領域における諸課題を発見・理解して、解決するために、それぞれの分野の情報収集・分析の能力を備えており、単独あるいはグループで研究できる技術的能力を具備している。
(倫理 ・実践)
2.生物資源生産学、生物資源利用学、生物環境保全学および関連諸科学の研究に対する理解に基づいた高度な倫理性を持ち、科学的基盤に基づいて農学と環境及び関連諸科学の研究と教育を実践することができる。
(情報発信)
3.グローバルな諸課題に自ら積極的に取り組むことができ、学び研究して得た知的成果を世界に向けて発することのできる情報発信能力を備えている。
(思考・判断・表現・コミュニケーション)
4.科学的な思考力、客観的な判断力を持っており、大局的で幅広い見方や考え方ができて、豊かな表現力と高度なプレゼンテーション能力及び幅広いコミュニケーション能力を有している。


<入学者選抜の方針>
学士課程・修士課程を通じて修得した知識や技能、それらを活用する能力、主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度などを、面接(プレゼンテーション、口頭試問を含む)により多面的・総合的に評価します。また、外国人留学生に対しては渡日前入学許可制度を採用し、多様な属性をもつ意欲ある志願者に対して門戸を開きます。社会人特別選抜の志願者に対しては、企業や団体などでの活動によって得た知識や経験を面接(プレゼンテーション、口頭試問を含む)で評価します。
また、2つの留学生特別コースにおいて、熱帯・亜熱帯農学留学生特別コースは、指導教員予定者及び研究科教員2人以上による面接『(1)修士論文又はこれに相当する研究内容(2)入学後の研究計画(3)専門知識等(4)適性、学習意欲等の資質(5)英語によるコミュニケーション能力』で評価します。アジア・アフリカ・環太平洋(AAP)農学留学生特別コースは、修士課程からの5年一環コースであり、博士課程での研究計画及び指導教員からの推薦書で評価します。